まだまだ梅雨らしい天気が続く
今日この頃ですが、
梅雨があけると、いよいよ
夏がやってきます

プールに海、山、地域のお祭りなど
子どもたちにとって楽しいイベントが
目白押しですね


西船橋すきっぷ保育園では、
夏の暑い時期に水遊びや
さまざまな感触遊びに加え、
今年も”夏祭り”を予定しています


では、そもそも”夏祭り”とは
どんなものなのでしょう・・・

各地のお祭りの映像を見ながら
子どもたちと考えてみました

BlogPaint


北海ソーラン祭り
北海道の余市町では、”ソーラン節”の
発祥の地とされ、町中をソーラン踊りと
船山車(だし)が練り歩きます

子どもたちは、その一糸乱れぬ
踊りや大きな船山車にくぎ付けでした…!


仙台七夕まつり
”七夕”のもっとも規模が大きいのが
宮城県仙台市で開催される、
仙台七夕祭りです。その一番の注目は
商店街や駅前にある大きな飾り付け

吹き流しの飾りには、特に女の子から
「かわいい~~」と大人気でした


高円寺阿波踊り
東京都杉並区で行われている
高円寺阿波踊りでは、町おこしの
一環で徳島の阿波踊りを取り入れた
お祭りが開かれるようになったそう

ソーラン節とまた違った雰囲気の踊りを、
「太鼓もってる!」「笛ふいてる!」と
演じ手の持っているものに
注目している子がいました

IMG_0469


各地のお祭りをみて、
「踊り」「飾り」「町おこし」
の3つの要素を保育者が取り上げ、
段々とイメージが膨らんできたところで・・・

今年は、ぱんだ・くま・ぞう組さんが
夏らしい品物をつくり、3クラスと
うさぎ組をお客さんに招いて
お店を開くことに決めました


BlogPaint


↑「エビカニクス音頭」も
ノリノリで練習しています


西船橋すきっぷ保育園の
夏祭りの露店には、
どんな品物が並ぶのか・・・
いまから楽しみですね